その後の状況

検定バッジ

 

PART44 コブコブさんとの戯れ

 

 九州地方は春の訪れがとっても早く、2月の後半ともなるとピカピカに晴れたお天気のいい日はもう春スキーの様相。朝はのっぺりと平らに仕上げてあったゲレンデが、お昼を過ぎるころにはとても荒れて、コブだらけになっちゃいます。しかもその実体は「雪山」というよりも「氷の粒々の集まり」だからとっても重たく足元も安定しない感じです。グサグサした感じでときどき内脚をとられがちになります。

 

 

 この状況だと、大回りでコース幅いっぱいを使ってハイスピードに滑るのはとても大変です。重心を普段以上にべたべたに落として、スキーが雪面から浮かないようにしっかりと吸収していってもときどき飛んでしまいます。特にコースの端のほうは起伏も大きく、メンタル面からもターンを早くしがちになって綺麗な弧を描けなくなってしまいますね。連続した大回りのはずが、斜滑降〜ターン〜斜滑降〜ターンの繰り返しに近くなってくるイメージです。

 

 ところでコースの端に、モーグルレーン的なものがありました。ヘルメットを装着した方々が軽快にタタタタタ・・・という感じで滑っているのを見て、こりゃ楽しそうだなと思った次第です。早速トライしてみようと思いますが、転んだりレーンを外れて飛び出したりする無様な姿を見られたくないので、周りに人がいなくなったのを見計らって行っちゃいましょう・・・。

 

 まずは横方向にしっかりと板を振って、ゆっくりとしたスピードで入ります。溝の部分はかなり硬くアイスバーン状態。「ズルリ」と脚だけが持っていかれて上体が遅れてしまいます・・・。これはイカン。かなりの後傾状態になってしまいますが、かかとを無理やり外に押し出しコブの側面に「ドカン」と制動。いやはやなんともよろしくないようで・・・。

 

 とにかく手を前に出し上体を保つこと、重心を低めにセットして曲げ伸ばしでしっかりとコブを吸収することを念頭に置き2回目のトライ。今回は先ほどよりも安定して滑ることができます。重心を下げると脚を動かしやすくなりますから板をしっかりと回しこむことができ、制御がきちんと行えます。これはこれでOKかな。コブの起伏を利用して、板の向きをクルンクルン変えられるのが結構キモチいいです。

 

 しかし、とっても上手な方のように、タタタタタ・・・と、少し縦系に滑り降りてみたいという気持ちもありますから板の回しこみを浅めに、コブの溝に向きをあわせて滑るとどうも無理をしてしまいますね。ライン取りの研究も含め、もっと修行が必要だなぁと思いました。機会があればコブレッスンを受けてみたいです。あと、ヘルメット買わなければ。

 

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ